ホーム » 葉酸不足が深刻になると二分脊椎症のリスクが高まる

葉酸不足が深刻になると二分脊椎症のリスクが高まる

妊娠初期に妊婦さんが葉酸不足に陥ると、生まれてくる赤ちゃんの先天性疾患のリスクを高めます。日々の食生活の中で意識して葉酸を口にするようにしましょう。

妊娠初期の妊婦さんが葉酸不足に陥ると、生まれてくる赤ちゃんの先天性疾患のリスクを高めます。特に二分脊椎症には要注意です。欧米では研究が進み、お母さんが葉酸を意識的に摂ることで患者数が減少したことも確認されています。食事やサプリメントを活用して十分に葉酸を摂るようにしましょう。

二分脊椎症とは

先天性異常の中の一つで、神経管閉鎖症に含まれる病気です。何らかの理由で胎児の脊椎骨が変形してしまい、脊椎骨の形成不全を起こしてしまいます。本来脊椎の中にあるべき神経が、脊髄や脊椎の外に出てしまいます。

症状の軽いものもありますが重いものだと、

・ 足の麻痺
・ 足の変形
・ 下半身の膀胱や直腸に影響を及ぼた結果の排泄障害

などの症状があります。他にも二分脊椎症を患っている人の半数は脳脊髄の循環が滞り、脳内にたまり、膨らんでしまう水頭症も発症しています。

葉酸を十分に摂ることでリスクを減らせる

このような先天性の疾患は、妊娠初期にしっかりと葉酸を摂ることで予防することができます。葉酸を十分に摂ることで二分脊椎症をはじめとする神経管閉鎖障害のリスクを70%も減らすことができます。

欧米では研究が進められており、患者数の減少も確認されています。日本ではしばらくあまり葉酸は注目されてきませんでしたが、2000年ごろから妊娠する可能性がある女性に対して葉酸を摂るよう医療機関などを通して推奨するようになりました。

葉酸の働き

葉酸は胎児の細胞の生成や再生に欠かせません。分裂が盛んな妊娠初期には特に重要になってくる栄養素です。妊娠初期に十分に摂れていないと神経管閉鎖症のリスクが高まります。

妊娠したい方、妊婦さんは意識的にたくさんの葉酸を摂取するようにしましょう。特に妊活中の方はいつ妊娠してもいいように、準備として葉酸サプリなどを飲むことをおすすめします。

リスクを軽減させるためにサプリメントを摂ろう

二分脊椎症をはじめとする神経管閉鎖症発症のリスクを減らすために、お母さんは葉酸を十分に摂らなければなりません。葉酸は普段の食生活の中でも摂ることはできますが、それでは不足しがちです。

葉酸サプリなどを使って不足した分を補うようにしましょう。妊娠していない人であれば葉酸は不足することはありません。けれども妊娠中は通常の2倍もの葉酸が必要になってくるので、普段通りの食生活では足りません。より多くの栄養素を手軽に摂るためにもサプリメントを活用してください。