妊活中で葉酸の効果をより引き出す方法

近年、妊婦だけでなく、妊活中の女性に対しても葉酸を摂るよう医師から勧められています。これは、葉酸不足のために、赤ちゃんが神経管閉鎖障害や先天性疾患にかかるリスクがあるからです。葉酸は食品だけから必要量を摂取しにくく、サプリメントで補うのが得策です。

妊娠すると葉酸不足になりがちなのはよく知られていますが、葉酸は食品だけから摂取しにくいのが問題です。そこで注目されているのが葉酸サプリです。飲む時期やタイミング、妊活サプリを選ぶポイントについて詳しく説明していきましょう。

葉酸サプリ、いつから飲み始めればいいの?
妊婦さんに必要といわれる葉酸ですが、胎児や赤ちゃんの健康のために1番必要とされる時期が妊娠初期です。しかし、多くの女性が妊娠に気付くのは、妊娠7週間ごろで葉酸摂取の時期が過ぎているのが現状です。

最も必要とされる時期に葉酸不足にならないように、近年では妊娠前の妊活中の女性も葉酸サプリを摂るようアドバイスされています。不足すると、おなかの赤ちゃんに障害が出るリスクが高くなることも分かっています。

葉酸サプリは不妊にも効果あり
葉酸は妊娠してから飲み始める人が多いですが、実は不妊にも効果があります。不妊の原因はいろいろありますが、着床障害と診断されている女性には効果を発揮してくれるでしょう。葉酸はDNAの合成に深くかかわっており細胞増殖を促します。

そして、受精卵が着床してから細胞増殖を助ける働きをします。さらに葉酸は子宮内膜を強化する効果があるそうです。着床障害を起こすのは子宮内の環境が適した状態になっていないためなので、葉酸で子宮内膜の環境を整えることで着床障害を改善できるでしょう。

葉酸摂取量は食事以外に400?g/日、摂りすぎ注意
厚生労働省は、妊娠を希望する女性は食事以外に1日400?gの葉酸を摂ることを推奨しています。過剰に摂取すると逆効果で1日1000?gまでにしましょう。付加的に効率よく摂るにはサプリメントがおすすめです。

サプリメントを選ぶポイント

妊活の一環としてサプリメントを飲む場合にお勧めなのがマカとザクロの成分を含んだ葉酸サプリです。市場にたくさん出回っているので適したものを選ぶのは大変そうですが、次のおすすめポイントに注意して選んでいくと条件をクリアするサプリはごくわずかです。

まずは天然成分の葉酸であること。そして添加物を含んでおらず、鉄分やミネラルも同時に摂取できること。最後に原料の放射能チェックを行い、クリアしている点です。これだけクリアしていれば信頼できる葉酸サプリといえるでしょう。

妊活カップルなら男性も葉酸を摂ろう
男性に葉酸を勧める1番の理由は胎児(赤ちゃん)の奇形リスクを下げることです。奇形は卵子、精子の分裂の仕方に異常があると起こります。妊活カップルで葉酸を摂取し、染色体異常を起こさないよう体内を妊娠できる状態に改善しましょう。

また神経管閉鎖障害は男性側の葉酸不足が原因になっているケースが多く報告されています。

妊活にストレスは大敵!男女が協力し合うことが大切
頑張ってもなかなか妊娠できないという焦りから女性がストレスを受けます。ストレスは妊娠には大敵です。パートナーも女性と同じように妊娠を希望し努力するなど、同じ気持ちで支えあうことでストレスが軽減されるでしょう。

ストレスがなくなると月経、排卵の周期が安定し、妊娠しやすい体になると言われています。葉酸サプリを男女そろって毎日規定量しっかりと摂り、健康的な赤ちゃんを授かることができるように妊娠前から準備できると理想的です。

そしてザクロやマカを含んだ葉酸サプリを飲めば、より妊娠しやすい体に近づけるでしょう。不妊夫婦の原因の3割が男性側に問題があり、男性も無関係ではいられません。妊活中は、男女で妊娠しやすい体づくりを目指しましょう。

成功するためには、パートナーの協力、サプリを飲み始めるタイミング、量をしっかりと守ることが大切です。